Genematrix

본문 바로가기
JPN
Home  >  技術  >  新しい治療剤の開発
新しい治療剤の開発

ワクチン開発固有技術

弊社は高効能ウイルスベクターワクチンプラットフォーム、ビルトイン(built-in)免疫増強技術、PREFER(タンパク質リフォールディング可溶化技術)、AI基盤抗原リモデリング技術、T細胞免疫促進技術、細胞・ウイルス培養・精製技術などの固有技術を基に、様々な感染病と癌の予防および治療のための効果的な次世代ワクチンを開発しています。
また、弊社の力量だけではなく、韓国内外の革新企業との活発なC&D(Connect & Development)を通じて、開発ポートフォリオを強化しており、持続的に革新性のある企業との協力・共同研究を通じて、新規候補物質の探索、導出、評価、非臨床・臨床開発を推進しています。

1) キメラアデノウイルスベクタープラットフォーム(Chim-Ad)

キメラアデノウイルスベクタープラットフォーム(Chim-Ad)はヒトアデノウイルス5型(Ad5)とヒトから稀に発見されるアデノウイルス血清型(Raretype)を融合させたもので、従来のAd5ベクターベースプラットフォームが持っているpre-existingimmunityの問題点を改善し、ワクチンの生産性および免疫誘導能力を向上させた独自のアデノウイルスベクター技術です。弊社はキメラアデノウイルスベクタープラットフォームを基に効果的なワクチン候補物質の開発を進めており、様々な新変種感染症ウイルスに対するプレミアムワクチンの開発に活用しています。

  • High immunogenicity

    • 中和抗体に認識されるアデノウイルスの主要構造タンパク質を変形させ、Ad5に対するpre-existing immunityを回避してワクチン免疫の有効性を向上させます。
  • High level of cellular immune response

    • 弊社のChim-AdベクターはCD4+および CD8+ T細胞受容体に抗原決定基(epitope)として結合するAd5の遺伝子序列を含め、強力な細胞性免疫誘導能を持っています。
  • Heterologous prime-boost effect

    • 互いに異なる血清型で構成されたChim-Adベクターを利用したheterologous prime-boost免疫接種により、ベクター免疫の最小化および抗原免疫の最大化によるシナジー効果を創出します。
  • Vaccine cost efficiency

    • 宿主細胞の受容体と結合するアデノウイルスの構造タンパク質の変化により、アデノウイルスベクターワクチン生産細胞株への感染能を向上させてワクチンの生産性が改善されます。
  • ← 左右にスクロールしてください →

2) ビルトイン(built-in)免疫増強技術

免疫増強剤(Adjuvant)はワクチン抗原に対する免疫反応を早く強力に誘導し、免疫の持続期間を延長するために使われます。現在、ほとんどのワクチンに使われているアルミニウム塩は、抗原に対する抗体を形成する体液性免疫誘導能力は優れていますが、細胞性免疫反応を誘導できないという短所があります。そのため、このような限界点を克服するために、様々な免疫増強剤が開発されています。
弊社は抗原提示細胞(Antigen presenting cell)のToll様受容体(TLR, Toll-like receptor)に結合して免疫体系を活性化させるリガンド(ligand)を遺伝子水準でワクチン抗原と融合するgenetica djuvant技術を用いて高効能ワクチンの開発に活用しています。

  • TLR Ligand
    TLR 1 Tripalmitoyl-cysteine lipopeptides
    TLR 2 Lipopeptides, beta-glucan, glycolipids
    TLR 3 Double-stranded RNA
    TLR 4 Lipopolysaccharide
    TLR 5 Flagellin
    TLR 6 Dipalmitoyl-cysteine lipopeptides
    TLR 7 Single-stranded RNA
    TLR 8 Single-stranded RNA
    TLR 9 Bacterial DNA

3) タンパク質活性復元技術(PREFER)

大腸菌や酵母から生産された遺伝子組換えタンパク質が不溶性複合体(inclusion body)の形に切り替わると、生物学的活性が失われ、医学的効用を失います。弊社のタンパク質活性復元技術であるプリファー(PREFER, Protein REFolding EnhanceR)は、不溶性複合体から生成された組換えタンパク質の水溶性を高めることで、本来の医学的活性を効果的に復元させる技術です。これによって、医療用タンパク質素材の大量生産と有効性を同時に確保することができます。
弊社は組換えタンパク質の大量生産のための核心的な製造技術であるプリファー(PREFER)技術を用いて、ワクチン候補物質の効能探索および大量生産に活用しています。

  • 生物学的有効性の確保

    • プリファー技術は不溶性複合体形態の組換えタンパク質を可溶化させることで、より安定的で水溶性の高い構造に復元し、本来の生物学的有効性を確保することができます。
  • 大量生産

    • プリファー技術はタンパク質の活性復元のために、通常必要な複数の工程と時間を最小化し、簡単にリフォールディング条件を探索して高い収率で組換えタンパク質を生産する技術で、大量生産システムの適用に利点があります。
  • 原価削減

    • 一般的なリフォールディング技術は高価な特殊試薬が使われ、生産原価の上昇要因として作用します。プリファー技術は普遍的に使われる試薬の最小使用量でも高い効率でタンパク質の活性を復元するため、産業生産スケールでコスト削減に大きな利点があります。

← 左右にスクロールしてください →

  • Solubilization

  • PREFER
    (Protein
    REFolding
    EnhanceR)

4) AI基盤の抗原リモデリング技術

AI技術は膨大な免疫データライブラリを基にワクチン候補物質の探索、臨床試験の設計および遂行段階で研究者や医療陣を支えています。特に、免疫情報学ソフトウェアとともに、AI基盤のモデリング技術はより早く効率的にタンパク質の3次元構造を分析し、組換え抗原の安定性と効能を予測することによって、最善のワクチン候補物質の選定に寄与します。内在する危険性のあるウイルスまたは腫瘍由来のタンパク質をワクチン抗原として使用する場合、安全のために機能喪失性突然変異(Loss-of-function mutaion)を導入しなければなりません。このとき、導入された変異により、線形、立体抗原決定基(Epitope)、主要組織適合性複合体(MHC, Major Histocompatibility Complex)に提示される抗原ペプチドの分布が野生型抗原と異なることがあり、これはワクチン抗原の免疫原性および安定性の減少のような問題をもたらす可能性があるため、タンパク質の物理化学的特性の分析による抗原序列の最適化は不可欠です。
弊社は免疫情報学ソフトウェアとタンパク質工学技術を基に組換え抗原を設計し、AI基盤の抗原リモデリング技術を用いて、当該ワクチン候補物質に対する構造分析を迅速かつ効率的に遂行しており、最終的に導き出されたワクチン候補物質に対して効能評価および臨床開発を行っています。

← 左右にスクロールしてください →

  • Efficacy and Saftey Test
    Clinical Study

회원로그인

회원가입