Genematrix

본문 바로가기
JPN
Home  >  技術  >  分子診断
分子診断

単一チューブマルチプレックスreal-time PCR反応で多様な病原体を同時に分析

技術概要

  • C-Tag™技術*は一つの増幅と単一チューブで複数の病原体を同時に分析するために開発されたトゥルーマトリックス(true-matrix)用固有技術です。従来のReal-Time PCR(TaqManなど)の臨界値であった蛍光チャネル当たりの分析回数の制限を改善するとともに、従来のタグによって発生しうる非特異的信号の可能性を改善したReal-Time PCR(Invaderなど)。次世代分子診断技術です。
  • C-Tag™プラットフォーム分子診断(PlatformMolecular Diagnosis)は疾病を誘発する様々な病原体に対して、早く正確なテスト結果を提供することでテストコストを減らし、時間を節約してテストの利便性を高めます。したがって、早くて正確な病原菌感染に対する結果に基づいて適期かつ正確な治療を可能にし、これにより医療分野における最適の治療効果が期待できます。

*10-1961642-0000 & PCT/KR2017/004297

行動原理

  • C-Tag™技術の技術的構成要素

    • 01. C-Tag Primerを使用した標的特定遺伝子の増幅
    • 02. C-Tag断片放出
    • 03. C-Tagプローブを用いた反応別溶融値™分析

C-Tagプローブの種類によって蛍光チャンネル当たり3つ以上の標的を分析できるため、蛍光チャネル当たりの分析回数に限界がある従来のReal time PCRの限界を根本的に克服しました。

  • Step 1.

    PCR & Cleavage

  • Step 2.

    Hybridization & Extension

  • Step 3.

    Melting peak analysis

特長

  • High Inclusivity

    • 当社のコア技術であるTrio技術と統合し、病原体の多様な血清型または新しい変種を診断できるように高い多重共線性(high-pollinearity)を提供します。
  • High Specificity

    • EnCleap技術と統合され特異性に優れたPCRを可能にし、偽陽性を除去して正確度を改善します。

TaqManTM

96人の患者サンプルを統合するためには、12種類の病原体診断のための3つのチューブ反応、3つの機器、3人の検査者と個別の結果が必要です。

C-TagTM

12種類の病原体診断のための1つのチューブ反応、1つの機器、1人の検査者と96人の患者サンプル結果の一括管理

회원로그인

회원가입